心と身体とピラティスと運動

倉敷でピラティス教室と親子コーディネーショントレーニングしているインストラクターの頭の中を整理するブログ

中身と外側が一致しないのはしんどい

中身と見た目が違うと聞いて、頭に浮かぶのは、トランスジェンダーとかかな

心が男の子で見た目が女の子とかは分かりやすい

 

でも、そんなのじゃなくて、物凄い早く心を成長させた子とかもそうだと思う

小学校に、お婆ちゃんが通うのって、想像してみてもしんどい

 

まだ、見た目がお婆ちゃんで中身もお婆ちゃんならなんとかなるけど、見た目が子供なのに中身がお婆ちゃんは、周りは赤ちゃんのような話をしているように見えるだろう

 

どちらも、本人が辛い

 

そして、自己愛性人格障害者も中身は空っぽ、外側は生活が充実した何でも出来るセレブだったりする

 

これも辛い

 

結局、外側と中身が違う場合は、どんな場合でも本人は辛いのだ

周りだって受け止めるには大変だと思う

特に近くにいる人間ほど大変なのかもしれない