心と身体とピラティスと運動

倉敷でピラティス教室をしているインストラクターのブログ

必要とされたいと思う

誰かに必要とされたい

 

その気持ちどこから来るか…

 

必要とされている気がしないって事かもしれません

 

必要とされていない=生きてる価値がない

なんて思う人もいるかもしれない

 

ボランティアとかをする人もいるかもしれないが、根本的な解決にはならない

ボランティアをすれば確かに「ありがとう」と言われる

「あなたが来てくれて良かった、助かった」と言われるかもしれない

 

でも、本当はそこではない

 

凄い人ねって言われたい

居てくれないと困ると言ってもらいたい

あなたが居ないと生きていけないなんて言ってもらいたい

 

これ、全部他人の評価だ

他人の評価は大切かもしれないけど、自分では評価できていない事になる

 

他人の評価だけでは満たされない

 

必要とされたいと思う人は、いつまで経っても、どんなに必要だと言われても満たされることはない

 

自分が死んでも誰も困らないと自殺する人がいるが、誰からの評価もないと言っているのだ

 

誰からの評価も無ければ、そういう風に考える人は、そもそも自分の評価は0だから、評価されていないと考える

 

0評価の私は生きていても意味がないと考える

 

だから、結局自己評価を上げなければ自殺を防止出来無い

 

誰かに必要とされたいがために、子供を過保護に育て自分が居ないと生活できない大人を作って、養って、だめな子扱いしながら大きな子供の愚痴を言っている親を見てしまうと残念に思うけど、自分をなんとかしないと、子供は犠牲者として生きていく事になる

 

自分で自分をきちんと評価出来る人は、誰かに必要とされたいなんてそもそも思っていないのです

 

そして、誰にも必要とされていない人はいないのです

 

誰かに必要とされたいと思う前に、自分で自分を必要としてみてほしいです

 

だって、親の犠牲者として生きている事は親が必要だと思っていると言うことだしね

 

自立しないと自信は持てない

一人で自由に生活したいと思って、毎日やりたい事をやろうとしたら、生きていくためや遊ぶためにお金が必要だ

だから、仕事をしないといけなくなる

 

めちゃくちゃ仕事をしてお金を凄い稼いだら自由な時間が無くなるしやりたい事をやる時間も減る

 

皆、そのバランスを取りながら生活している

 

でも、例えばニートなんかで、親のお金を使っている人がいると自由な時間と自由なお金を持ち、仕事をしないといけないという制限が無い

 

不登校もそうだ

皆が学校に行って宿題をする時間が全て自由だ

お金は親が出す

学生は仕事が出来ない年だから仕方がないけど、時間もお金も手に入れるけど制限を掛ける物が無い

 

そうなると、自由を人のお金で大華する事になる

 

バランスが崩れる

 

そのバランスが崩れ方は、一人では生きていけない事を意味する

 

一人では生きていけないのに、やりたい事は出来てしまう生活は、自己主張だけが強くなり、人への感謝が薄れる

 

汗水垂らして働く生活なんて馬鹿らしいし、お金を出してもらっている意識も、親が頑張って働いて稼いでいるお金の価値も分からない

 

偉そうな事を言っても、一人では生きていけない

 

生活力の無さの上に立つ自分に自信が持てないのは当然だし、周りの目は冷たいのも当然なのだけど、本人がそれを受け入れる事は出来ない

 

皆事情はあるから、やむを得ず不登校ニートになる事はあるだろう 

 

でも、いづれ一人で生活出来るようにならないと地に足がつかない

 

一生自信の無い自分では、困る

 

学校が合わないなら学校に行かなくてもいいが、学校と同等の時間の制限を掛ける物が必要だろうし、仕事が出来るならやったっていいと思う

 

ニートは時間があるけど、親が一切援助しないならいい

そうすれば、そのうち仕事をするかもしれない

 

ただただ、自由な時間もお金も住む家も手に入れた大きな子供を育てるのはゴメンだ

 

皆バランスを取って生きている

自立するとはそういう事だし、子供を育てる事は子供を自立させる事だ

 

今はそのバランスを取れない人が多いし、それを許してしまっている親も多い

 

自立させると寂しいなんて親の支配欲もあって、お互いに甘えている

 

そういう人を見ても人の人生だから、あんまり興味が持てないだけで、特に関わりもないが、自分自身は何かに迷ったら、自分も自分に関わる人達も現在の道の先が自立に繋がるかを考えている

 

自立すれば、人のありがたさや時間の大切さ自由の意味も分かるし、他人に感謝出来るのかもしれない

 

逆を言えば、親に育ててもらっている間に、人の有り難さや時間やお金の大切さなんかはわかる訳がないのかもしれない

 

ここからは余談

そんな理由で学生のアルバイトは、どこの国でも人に冷たいのかもしれない…

なんて、思った

 

マックの若い女性の店員って海外だと結構、冷たいし意地悪!

どこに行っても若い娘ってそんな感じなのは仕方ないのかもしれない

全てにやる気があるか、何にもしたくないか

人間、やる気のある時は何でも出来る

部屋の片付けも勉強も運動もダイエットも全てに頑張れる

 

逆に、出来ない時は何にもやる気が起きない

勉強一本に絞ったところで、勉強にも身が入らない

 

だから、受験だからって他の事をやめるべきでは無いと思っている

 

欲張って沢山やってもやれる時は全てこなせるし、やれない時はどれも出来ないのだから、やれない時は受験さえも諦めることになる

実際はそうは行かないだろうが…

 

別にこれは器用だから出来るのでは無く、不器用なら両立する物の種類は元々少ないだろう

あまり気にすることは無いかもしれない

 

何かを両立しながら、片手間に勉強しないと続かない

それに向き合ってそれだけを極めるのは、かなり根気のいる事だし、それをやるから片付けなくて良いなんてことはない

 

やる気がある時は、自然と部屋はきれいになるし、色々な事に頑張れる

 

子供や自分のやる気は今どんな感じですか?

 

やる気がある時はとことんやって、やる気のない時は目標を少し下げて、やる量も減らして諦めてあげると楽になるかもしれません

 

子供の場合待つ事ってなかなか大変なので、ブツブツ言いながら待つんでしょうが、やる気が無いのに尻を叩いてやらせてもなんだか違うかもしれません

悪口を言われるって凄い

どんなコミュニティーでも、コミュニティー特有のルールはある

人間がコアになればなるほど、変わったルールも暗黙の了解みたいに作られる

だから、どこの世界だってその世界特有だ

 

でも、そういうのってうんざりするルールばかりだったりする

 

一部のしがらみの中にいると、そこから脱出して自由にしている人が、羨ましくなる

 

でも、そこから脱出するためには、それ相応のリスクを取る必要がある

 

脱出したくても出来ない人は、そのリスクを背負う勇気はないけど、脱出した人達が羨ましい

 

そして、その勇気のない自分を正当化するために、脱出した人の悪口を言う

 

だから、どこかのコミュニティーから出た時に、悪口を言われる事は成功した証だ

 

新転地で上手くいかない場合は、何も言われない

無かったことになる

 

悪口を言われるということは、箸にも棒にも引っ掛かる人の証

 

目障りな位、羨ましい物を持っている証

 

だから、悪口を言われたら認めてくれてありがとうと思う

 

そう思えるためには、自分に自信が無いといけない

自己評価を上げないと、跳ね除ける力が無くなる

 

悪口を言う人は何か既に負けたと宣言しているのと一緒だ

 

何か勝ってるのか?

本人が分からなくても何かは持っている!

誇れる物を探して、自信を持とう

 

子供から年齢を聞き出す人

子供から情報を聞き出す親がいる

どんな情報であれ、気持ちのいいものでは無い

 

「お父さんのお仕事は?」「お母さんはお仕事してるの?」「おうちは広い?」「お母さんの年齢は?」「お父さんとお母さんは仲がいい?」等々

 

色々分かるが外に出していい情報かそうでないかの区別が出来なそうな年齢を狙って聞いてくる

 

変なのは、洋服や食料品を買いに行くお店や使っている化粧品まで子供に聞いてくる人もいる

 

直接聞けないってどういう事なのか?

 

それをネタに悪口に花を咲かせ、値踏みして自分の方が上であると安心する

とにかく比較できる材料が欲しいのだ

 

子供に聞くということは、本人に聞くのは失礼だと言う事は理解している

 

人と比較する事や優劣をつけてバカにする事はみっともない事だと気が付いているのだろうか?

 

私の場合、年齢が一番聞かれる

 

子供達は何も言わない

言わないし知らないかもしれない

 

見た目から年齢を決めて、子供の年齢を引けば、子供を産んだ年齢はまあそんなに狂わない

 

なのに、それでも聞いてくると言う事は、そんなに細かい情報が必要なのか?と思う

10歳位年齢が違おうが何も影響しないのに、なぜそんな情報が知りたいのだろう?

 

比較して自分の価値を見出す人達とは出来れば関わりたくはない

 

だから、子供達からそんな事を聞かれたと報告を受けると、やっぱりかと思いつつ、近づかないようにしようと心に決める

 

どうせ若いくせに!なんて言われてるのかもしれない!

 

格付けがほんと馬鹿らしい

 

運動が出来無いと、全てを諦める

運動が出来無いってどれくらい?って思うと思うが、今は想像を絶するほど運動が出来無い子が沢山いる

 

親子運動プログラム「めざせNO.1」に来る子でも、中学生になって階段が片足ずつ下りれない子や小学校高学年になって3メートルも走る事が出来無い子や肩から上に腕の上がらない子もいる

 

これでは生活が困難ではないかと思うが、実際学校にも通って普通に生活している

 

これでは、体育は愚か学校の中の移動さえかなりしんどい作業に違いない

 

日本は皆と同じ作業が出来無いと学生時代は特にしんどい

 

「のろま」だと言われるだろうし、たぶん作業も他の人より遅いし出来無いので、文句を言われたりする事は、多いだろう

 

でも、出来無いのだ

 

自分の思い通りに体を動かす事が困難であるため、運動が出来無い子で手先の器用な子は少ない

 

お絵かきが得意だったりすればまだいいが、それさえも苦手だと、低学年時の学校の授業でできる物が少ない

 

すると、自ずと勉強も出来ないというより、自信が持てなくなる

 

やっても出来ないと諦めて初めからやる事を拒否するようになる

 

何をやっても上手く行かないのに、そこに向かう意味が分からない

 

親が「頑張って!」と言っても、頑張る意味が分からない

出来るイメージがわかない

 

人の真似をすればできるよと言われても、人の真似なんか出来ない

周りはそもそも自分のレベルの遥か上から始めるのだ

 

小学校高学年にもなると、周りとの運動能力の差は開いていく

3歳の子位の運動能力で止まっている彼らに「縄跳びの2重跳びをやってください」「跳び箱を跳びましょう」など、とんでもない体育の授業が日々続く

 

諦めて逃げ出したくなるだろう

 

「めざせNO.1」にくる子供達もあまりに自分が出来ないと、途中消えていく

特に上の子についてきた小学校低学年や幼稚園の子達は違う事をしたりして、出来ない物から逃げる

 

それが出来ればまだいいが、学校ではなかなかそうはさせてくれない

 

気持ちの行き場が無くなると、彼らには物凄いストレスがかかる

 

運動ができずに諦めてしまうと勉強は愚か、生きていくことの意味も分からず、楽しみも見い出せず、家の中だけが自分でいれる空間になり、外に出る勇気さえ無くなるかもしれない

 

もちろんそんな子が一人で歩けば転んだりつまづいたりで怪我をする

危ないからと親が言えば自然と一人で外にも出なくなるたろう

 

引きこもるかもしれない

 

 

極端でしょ!と思うかもしれない

でも、これに似た事は起こっている

 

親が子育てに頑張っていない訳では無い

 

勉強意外の重要性が分からないのかもしれない

「勉強しなさい」とは良く言うが「遊びなさい」なんて言っている親の声は聞かない

 

小さい頃に、ゲームじゃなくて、外で元気に駆け回ってしっかりと遊んで欲しい

 

入っちゃいけない所で遊んで、怪我をしても内緒にして痛くないふりをする位の事があってもいい

そんな子供の頃の思い出は、きっと楽しい思い出として残るに違いない

 

五体満足で帰ってくれば、多少の事は目をつぶってあげていい

 

なんて、思う

 

人生80年、10代で諦めたら先は長い

親子で進める一歩目をお手伝い出来ればと思っています

 

親子で運動プログラム「めざせNO.1」

 

 

https://mezase-no123pilates.jimdo.com/

持ち物や見た目で判断する人

いい車に乗ってマンションや車屋さんの下見に行ったりすると明らかに扱いが変わります

買い物に行っても、対応が全然違うのです

 

あからさまにやられると、その人の人間性を疑います

 

代車生活が長かったので、今までは感じなかった扱いを受ける事が多々あって、随分と露骨な態度に驚きました

 

私はそもそも車に興味が無いので、高いか安いかも分かりません

見ても金額の想像がつかないのでイメージに直結する事はありません

 

確かに売れそうなお客様を大切にしたい気持ちは分からなくは無いけど、私だったらそんなに露骨に態度を変えなきゃやれない仕事はしたくない

 

それをしなければならないのだとしたら、この人はこの仕事を楽しんで出来るのだろうか?なんて思う

 

その薄っぺらい営業から物を買いたくはないななんて思う

 

もし良いものだとしても、同じ物を他で買おうとおもうような営業っている

 

人をバカにした喋り方だったり、知識を持っている事を偉いと思っていたりするとドン引きする

 

もしある程度知識を持っているとしても、専門家の言う事は皆一通り聞くと思う

自分より専門的な人だったら一体どうするつもりなのだろう?なんて思う

 

私が逆の立場だったら恥ずかしくて、次から会えない位バカにする人って世の中沢山いる

 

ほんと、嫌になっちゃう

 

私もピラティスをやっていて、色々な話をするが、生徒さんにアロマやエステなど健康を別の角度から支える専門の人達も沢山くる

 

体験の時などは特に相手の事が分からなくても失礼が無いようにと思っている

 

今は情報社会だ

私より知識のある一般の人は沢山いる

 

相手を物や見た目で判断する事の怖さをもっと知ったほうがいいななんて思う

 

私は何も出来なそうな専業主婦に見えるらしい(何も出来なそうな専業主婦なんてそもそもいないけど)

見た目も幼く、子供も3人いて、社会に出た事の無いもちろん学もないイメージ

運動も家事もあんまり出来無いほんわかしたイメージらしい

 

このブログを読んでいる人で、まさか見た目がそんなだとは誰も思わないのでは無いかと思う

 

そんな人がピラティスや運動を教えているのだ

いらぬ資格も持っている

教室はそんな雰囲気ではやってないつもりだが、どうなんでしょう?

生徒さんに今度聞いてみようかな

 

見た目で判断するのはほんとに恐ろしい

そんなにバカにして大丈夫なの?なんて思う事は多々ある

 

だから、見た目は当てにならないと感じている

 

まあ、興味があってお近くの方は一度ピラティスの教室に体験に来てください

 

生徒さんといると、先生が誰だか分からないかもしれません

 

ピラティス&ストレッチ

https://mezase-no123pilates.jimdo.com/