心と身体とピラティスと運動

倉敷・早島でピラティス教室と親子コーディネーショントレーニングしているインストラクターの頭の中を整理するブログ

マウンティングしてるの?に対する対処方法?


f:id:pilatesno-1:20220505013615j:image

ちょっぴり理解に苦しむ男のマウンティングを見ながら、同性の思考は分かっても異性の思考は分かりにくいなあと思う

 

男の子は男同士で話をしたい

だから同然のように小学生の男の子同士が話をしている

 

ある女の子の父親がどうやらその片方の男の子や家族の事が気にくわないのかな?

それともコンプレックスがあるのかな?

羨ましいのかな?

男の子が二人でしゃべっていると、もう片方の男の子に大きな声で喋りかけてくる

しかも、呼び捨てでその子の事を何でも知ってそうな口振り

なぜかその男の子の自慢話をしたがる

 

気にくわない男の子よりその男の子が凄いといっている…ように聞こえる

とにかく言葉が汚いし品がない

 

自分の子は女の子だからその気にくわない子に対抗するにはちょっと役不足なのかな?我が子を比較対象にはしないで男の子である他人の子を比較対象として気にくわない男の子にマウンティングしている

 

自分の子がその気にくわない子より負けているものなんて端から見て無い気がするけれど、何かが羨ましいのかな?

近くの使えそうな道具を我が物のようにしながら、マウンティングする

 

自己愛性人格障害者って、こんなものまで道具として使うのかな?

しかも、子供に…

子供じゃなくて家族なのかな?

羨ましい物を潰そうと必死だ

 

でも、さすがに男の子

 

その父親の気にくわない男の子はマウンティングには気がつかないし、そんな回りくどいやり方をしても暖簾に腕押しだ

 

やり方は女性っぽいけど、コンプレックスやプライドが高くていまいち理解出来ない感じはやっぱり男性なのかも

 

プライドがあるなら子供を使うのはみっともないと思わないのかな?

自分が表に出なければいいのかな?

 

その辺の矛盾が子供っぽい

あまり関係ないことだけど、近くにいるだけで何だか気分が良くないと感じた

 

そんなところを他人は見ているとも知らず、しらっと他の人と仲良くしようとしても上手くいかないに決まってる

 

自分のやっていることが自分の価値を落とすことも知らず、だから品格がつかないことも気がつかず、羨ましいと思う人達と同じ品格や環境を得ようと物だけ揃えても、何も得れないことを分からない

 

ちょっと幼稚過ぎかも

 

ということで、自己愛性人格障害者のマウンティングの中見が分かってスッキリ

品のなさの理由も分かってスッキリ

その男の子のようにさらっと流すことも一つの対処方法なんだと改めて思う

 

暖簾に腕押しの力って案外凄い!!

自己愛性人格障害者には改心の一撃!!

と子供達の行動に学ぶ一幕でした

 

生きていることは奇跡

f:id:pilatesno-1:20211231183808j:plain


呼吸をして心臓が動いて脈を打って血液が流れて酸素が頭に送られて、身体が動き出す

 

身体の動きも脳が全てを制御している

 

どこかが止まればたちまち全てが滞る

 

そんな身体で人間は生きている

 

毎日、全てが滞る危険をはらみながら人間は生きている

 

結構危ういところでバランスを保ちながら生きているのに、明日も明後日も1年後も生きていると信じている

 

奇跡の連続を当たり前に信じて疑わないなんて、かなり楽観的かもしれない

 

生きているだけで幸せ!なのかもしれないけど、それを感じて生きている人の方が少ないなんてとっても贅沢

 

当たり前の日常が次の日も続く幸せを噛み締めた日は、悲しいけど幸せな日常の始まりなのかもしれないです

 

死を見て生きるを感じて、不幸を知って幸せを感じる

 

今が最悪だと思う裏には、いつか最高の時が来ることを信じて危ういバランスを保って生きていきたい

 

自慢の子供?自己愛性人格障害者の手柄の横取り

f:id:pilatesno-1:20211214010638j:plain


「自慢の娘」「自慢の息子」普段なんとなく流してしまう言葉だった

でも、どこかで違和感を感じていた

 

考えてみたら私は使わない

というか、使う場面がない

 

尊敬するほど凄いな!っと子供に思うことがあれど、それを自分の自慢の種にする事はない

 

「あいつは凄いんだよ!」と我が子の事を話すかもしれないし、それを私の自慢と取る人がいるかもしれないけど、子供は私ではないので子供の出来たことで私の価値は上がらない なんて思っている

 

資格試験に合格した孫に「自慢の孫だ!」というその祖母を見て、私が思ったことは…

 

人の手柄を横取りするな!って事だった

勉強を一生懸命して受かったのはその子なのに、何もしていない祖母が孫の資格試験合格という美味しい部分だけを自慢するのかな?

 

いやいや、勝手に人の自慢しないで!って思う

 

孫が凄いことをいったい誰に自慢するの?それこそマウンティングだ

 

「うちの子ここの大学で!」「うちの子の会社はここで!」って皆に言いふらしても、親の価値なんて上がらない

 

それが、孫ならなおさら

 

普段関わっていないのに合格したら「自慢の孫」??あり得ない

 

そうして、自己愛性人格障害者は作られるのかも

 

親の自慢の子供になりたい!その一心で、子供が上を目指す

カッコいいような、いや歪んでいる…

 

そういう親たちは悪いところは子供のせいにする

子供の不出来を「世間体が悪い」とか「恥ずかしいから」とか言っちゃったりして、自分と子供の境界があやふやだ

 

子供の不出来が本当に不出来かも分からないし、その親がが思う子供の不出来で親が困る事なんてなにもないかもしれないのに、いい子が育つと出来る親になれると信じて疑わない

あー、やっぱりあの人種は苦手かも

 

子供達の頑張りを横取りしないで生きていきたい

 

自分の事を誇れるように、自分の価値を高めたい

 

自分が堂々としていられるように、頑張っていたい

 

 

健康的な生活の15ヶ月後

f:id:pilatesno-1:20210205230540j:plain

健康的な生活をしてダイエット企画

 

コロナの蔓延防止措置で、ジムもお休みにったりで、トレーニングの時間が減りました

 

ご飯もストレスがたまるので食べてます

 

悩みも多いのでなかなかのストレスのかかりようです

 

さすがに精神的な維持と体重のキープが精一杯

 

仕方ないけど…進まない

 

仕方ないけど…頑張れない

 

なのでダイエット出来ていません

健康的な生活には睡眠が圧倒的に足りません

 

気がつけば、毎月書いていたこの企画も3ヶ月吹っ飛ばしてしまいました

 

ちなみに現在体重はキープ、体脂肪は1%戻ってしまいました

 

キープでいいのか??

5キロ減から一向に進まないピラティスインストラクターのダイエット企画……ってどうなんだろう?なんて、自問自答してしまいそうですが…

 

とりあえずまた書きます!

1人にしちゃえば自己愛性人格障害者の勝ち!

f:id:pilatesno-1:20211114225116j:plain


誰のこととはいいたくないですが…

 

周囲の反対や批判を押しきって、駆け落ち同然で家を出たり、お友達から総スカンを食ってもそのお友達や恋人と二人きりでの生活に踏み切る人っています

 

皆がそうではないですが、お相手が自己愛性人格障害者だと良くある事だなあと感じます

 

自分1人しか頼れる人がいない状態が自己愛性人格障害者は得意だし、その状態を好みます

 

相手を支配するには、「もうあなたしか信じられない!親も今までの友達も私達の仲を割こうとして全てが敵だ!」みたいな環境が一番なんです

 

あなたは悪くない!

まわりがどんなに反対しても私だけはあなたの味方!

私だけしかあなたのことを分かってあげられる人はいない!

何十人の自分のことを思ってくれる友達や家族よりもあなたとの方が大切!

あなたが悪く言われるのは自分のせい!

 

そんな言葉を自己愛性人格障害は待っているし、その言葉や態度を愛情だと感じます

何をしてもどんなことをしても許して味方してくれることが、愛情なんだと思ってるです

 

そんな一人しかいない味方になってしまったら、もう誰も手を差し伸べることなんてできません

 

周囲が1人になったターゲットを助け出そうとすることは、ますます二人の関係を強固にしてしまうし、突き放すことは見捨てることになってしまう

 

ターゲットが自分の状況に気が付いたとしても、周囲を散々はねのけた手前助けを求めにくい

 

周囲との信頼関係も崩壊してしまっている場合も多くターゲットが味方がいないと認識してしまうため疑心暗鬼になってしまい誰に相談していいのか分からない

 

自己愛性人格障害者は外部からの情報を入手しずらくするため、周囲の反応や周囲の助けがある事にターゲットが気が付きにくい

 

周囲も一度敵として判断された経験からどのタイミングで手を出していいか分からない

 

そんな理由もあってターゲットから抜け出すのはなかなか難しいんです

 

しかも海外に行ってしまったら、友達もいなければ家族もいない、かなり状況は厳しいです

 

まあ、その後とっても社交的に動いて自分の世界を開けるようなツールがある方はなんとかなるのかもしれませんが、普通は味方が誰もいないと認識した期間が長くなるにつれて精神的にも病んでくるので、外に出る力がなくなってしまっている場合も多い

 

気が付いても逃げ出すことも難しいので一生周囲には幸せそうな姿を見せながら中身は空っぽみたいな生活になるのかもしれないです

 

イギリスも日本も自己愛性人格障害国税を使われて全く厄介だなあと感じます

 

ものすごい敵対心と向上心の持ち主である自己愛性人格障害者が全て悪ではないけれど、やっぱりあんまり近づきたくないなと思います

 

祝福しなきゃ悪だ!みたいな雰囲気も腑に落ちないなと思います

 

 

 

 

人によって態度を変える人?から離れたい理由から気がついたこと

f:id:pilatesno-1:20211114220138j:plain


書いて整理しようと思います

 

ある集まりでマニュアルが配られました

 

各々、そのマニュアルを自分のカバンにしまったり持っていたり自分の持ち場に置いていました

 

少し経ってマニュアルを自分のカバンにしまってしまった方が、持ち場に置いている方のマニュアルをぺらっと開いて見ていました

 

すると…「私のですが!!」と持ち主が物凄い形相で飛んで来ました

 

「分かってます!」と言ってマニュアルを見ていた方はその場を離れましたが…

 

皆同じマニュアル

 

減るわけでも無いし、そんな主張しなくても…見たい人が見ればいいじゃない?なんて思いました

 

ただただ怖い…

 

その後、その方は普通に喋りかけて来ましたが、近づきたく無かった…

ニコニコ笑って話をしても怖かった…

 

その方は、気に入った方とそうでない方を分けて態度を変えているように見えました

 

こだわりも強そう

変なところに触れるとヤバそうです

 

人は、他の人への対応も見ています

自分だけに優しい人を見て、「優しい人だ!」と感じるのではなく、誰にでも優しい人を見て「優しい人だ!」と感じるのです

 

人によって態度を変える人はその事に気がついていないんです

 

人によって態度を変えて対応しても相手は気がつかないと思っているなんて、とっても他人をバカにしています

 

ヤバイです

 

それってちょっぴりどこか抜けている

 

人間をひとつの角度からしか見れていない

 

ということは…たぶん他人も自分に向けた顔だけで判断します

 

そもそも、私とはコミュニケーションがかなり難しい人かもしれません

信頼関係も築けない

 

誤解も生まれやすい人なのかもしれません

 

そう思ってその場は距離を置きました

 

なぜ、自分はこの人と距離を置きたいと思ったのか?そんな事を少し解剖してあげると、自分がただ人と上手くコミュニケーションが取れない訳ではないと分かって、自己肯定感を下げずにいられる気がします

 

自分が一人でいる事になる孤独感よりもその人と上手くやることのストレスの方が大きいだろう事に気がつけば、一人でいることが寂しくはないし案外自由な立場だと思えるかもしれないです

 

結局、人によって態度を変える人が目の前に現れる事で自分の考え方を問われていたのかもしれません

 

苦手な人の先には自分がいるって言うけれど、それっていまいちピンと来ない

 

でも、今回書いてみて分かった気がします

 

ただ、こんな人は嫌だなあ~からちょっぴり抜け出た気がして進歩かもです!

 

あのちょっぴりの違和感から学んだ事は実はとっても大きいことでした

 

頭の中がスッキリ整理できて満足です

 

こんな自分の頭の中を整理しているブログですが、いつもお付き合いありがとうございます

 

 

 

細かいルールと仕事量で追い詰める自己愛性人格障害者

f:id:pilatesno-1:20211030214555j:plain


気がついたら何も更新せずの期間が…

 

バイトや学校やクラブやPTA等、人が集まると必ず自己愛性人格障害者がいる

 

ちょっと仕切りたがり?みたいな人

 

この人達、その場所が長くなってくると「この方がやり易い」という名目の元に自分ルールを作り出す

 

例えば書類チェックで見なくてもいいところを確認するとか…

 

で、「一応そこの確認までやっているよ」と自分より後輩にアピールする

 

正直、それって要らなくない?ってある程度経つと分かるけど、初めは分からない

 

その人に仕事を教えて貰うと3つの確認作業でいいところが、6つに増えている…なんて事がある

 

周囲は3つしかチェックしないでいい「簡単な仕事」と思っているにも関わらず、6つのチェックをしなきゃいけないちょっぴり面倒な仕事になる

 

周囲が思っているよりもその後輩の仕事量は多いので、初めてで覚えるのも大変なのに全てを完璧にこなすなんて難しい

 

本当は3つを完璧にこなせばいいはずなのに、その3つの方にミスが発生する場合もあるだろう

 

ミスが生じた時の周囲は「あの後輩はあの簡単な仕事さえ完璧に出来ないの?なんだか無駄なことまでチェックして」と評価する

 

これが、自己愛性人格障害者トラップ

 

やっぱりベテランの自己愛性人格障害者は仕事が出来るよね、新しい人は使えないね

 

となる

 

自分より上の人から、その言葉が出るのを待ち構えて、「あの人がこんなこと言ってたよ」と本人以外にそっと言いふらす

 

もちろん、そんな評価を毎度されると新人としては厳しい

 

そんな人の下には人は育たず、バイトなんかも辞めていく

 

特に物凄いいじめをしているわけではなくても、分からない人をそっと追い込めばいいのだ

 

「自分は出来る、あいつは出来ない」という比較をして、自分を保って生きている

 

ほんと困った人達だ

 

こんな人たちをどうかわすか?

人の話はきちんと聞いてほどよく距離を保つ

何が本当に大切かどうか?は自分の基準で決める事

そのために、自分にかかわる事だけではなく広い視野で物事を見る事

 

こんなところだろうか!

学びがあるなあと思った出来事でした