心と身体とピラティスと運動

倉敷でピラティス教室と親子コーディネーショントレーニングしているインストラクターの頭の中を整理するブログ

不安になると自慢しなきゃ居られない?!

新しい事に向かう時、人は皆不安なはず

その不安な気持ちをどうするか

「昔は良かったよね」とか「新しい事になんて挑戦しない方がいいんじゃないか!」なんて言って、チャレンジしない選択をするのもあり

子供達は結構そうやってその場を乗り切ろうとしている

初めから何でもできる人なんていないのに、失敗を怖がるとそうなっちゃうよね

大人も保守的な人達はきっとそう

保守的なんて言うと堅実そうだけど、そんなにカッコよくなくて、ただ新しい事に向かう不安に耐えられる自分がいないだけ


だから、何も言い訳をせずに新たな事に挑戦するって、凄い事

心も身体も強くないと、その不安に耐えられなくて1歩踏み出せない


不安と期待を天秤にかけた時、期待に重心を持っていけば期待を胸に1歩を踏み出せるのかもしれないけれど、その為には自分への信頼があることが大前提なんじゃないかと私は思っている

それを「自己肯定感」なんて言うのかな?


でも、そんな1歩の踏み出し方以外にも踏み出す方法はある


それは、目の前にいる人を踏み付けて歩き出す方法

自己愛性人格障害者達の1歩の踏み出し方は全てこの方法

最近は増えていると思うこの方法…


家族の中で「あの人になら勝てるわよ」とか「あなたの方が価値があるわ」「このままじゃあの人に負けちゃうよ」とかを言う分には構わない

そりゃ、踏み出す力や勇気が無いときは多少そんな手を使ったっていいと思う

負けず嫌いやプライドを使った方法が全て悪い訳じゃない

でも、外では勘弁願いたい


家が裕福だとか、有名人と仲が良いとか、凄い成績だとか、学校が凄いとか、親戚が凄いとか、自慢しているのを聞いていると、なぜ自分は特別で周囲を雑魚にしないとやっていけないの?と思ってしまう

何をそんなに怯えているのかな?

そして、そのアクセサリーばかりを自慢する人に価値があるかのように群がる人達が本当に気持ち悪い


「周囲は大した事無い人達だから、私は明らかにあなた達より上よ!」なーんて言わなきゃ維持出来ない心って一体なんだろう?

この裏に「だから私は新しい事にも向かえる力がある!」「一般の人達とは違うから私には出来るはず!」ってのが見え隠れする

いちいち自慢して、いちいち特別だといい、いちいち「誰かより」を強調して、他人を踏みつけながら前に進んで行く

あの人達には、あれ以外の起動力は無いのかも


誰かに価値があるから可愛がるとか、そのうち有名になるから仲良くしておこうとか、可愛がられるために良くしておこうとか、この中では一番ねとか…


そんな踏み出し方でも新たな事にチャレンジ出来ればカッコいいと思うのか?


私には全然格好良く見えないのに…


下品に周りを踏みつけながら、前に進んで行く人達から遠ざかりたい

周囲がその自慢に右往左往するものだから、完全無視って訳にもいかない

周りに順位をつけるのも聞きたくない

だって、きっと私にも順位はついているのだから…


新しい事に向かうのが不安なのは分かる

そんなやり方がある事も知っている


でも、人を踏みければ踏みつけられた方はモヤモヤする

自慢ばかりしていれば得をしそうと思った人は集まってくるだろうけど、それ以外は離れて行く


とっても安易な方法だから、くせになるのも分かるし、それしか方法が無いと思っているのかもしれないけれど、あんまりやると苦手になりそう

当たり障りなく、そっと信用を崩し、そっと距離を置いて接する事になるんだろうな

特別な事をしてないかなって気になる自己愛性人格障害者親子

お迎えが来るのを待っていたり、誰かを待っていたり、結果が分かるまで待っていたりして、その場に残っている時ってある

 

自分の意志で動いている人達は、大抵自分の用事が終わったらその場からいなくなる

 

でも、自己愛性人格障害者親子は違う

 

誰よりも早く気になる場所に行き、誰よりも遅くまでその場所にいる

 

親が自己愛性人格障害者である場合、子供だけが偵察隊のように、置いていかれる

 

子供がいない時は夫を置いていく

 

遅くまで残っている人が、何をしているかが気になる

 

他の子が勉強して待っていれば何を勉強しているのか気になるし、誰かと話をしていれば、どんな人とコミュニケーションを取っているか気になる

 

特別な事を話していないか?

特別な人と話していないか?

隠れて周りを出し抜くような事をしないか?

自分の知らない事があるんじゃないか?

 

心配でたまらない

 

誰が何時に来て何をしているか?

なぜ、そこに来てその時間までいるのか?

 

とてもやっている事に熱心な様に見えるけど、そうじゃない

 

とにかく居ればいい、とにかく無駄に過ごせばいい

 

だから、いつも何も用事がないのにダラダラと周りにちょっかいを出しながら時間を潰している人…ちょっと情報ツウみたいな…

 

気になる人に近づいてきて、「何してるの?」「何でいるの?」なーんて、優しく聞いてくるけれど、別にコミュニケーションを取りたい訳じゃない

 

自分の知らない部分があると、その人を正確に値踏みする事が出来ない

 

その人を値踏みする事が出来ないと、どの程度のレベルの対応を取ればいいのか分からない

 

すっごく敬わないといけないのか?すっごく馬鹿にしてもいいのか?

 

本当なら知り合い全てをレベル分けしないといけないのに、よく分からない人がいるなんてあり得ない

 

だから、自分の知らないところでのコミュニケーションが図られないように注意を払う

 

新しい人と喋ってるのを見たら、つかさず「あれは誰?どんな人?」と聞き、得になりそうなら割って入ってくる

 

その人を差し置いて、自分だけが得を獲ようと動くし、挙げ句の果にはその人の悪い噂を流して、その人に得がいかない様に周りを操作する

 

基本、自己愛性人格障害者は表面的な損得だけで動く

 

表に見える動きだけを一生懸命見て数値化している

 

そして、それをまた他の人に「あの人は〇〇をしてるのよ」「あの子は〇曜日は〇〇をしにいくのよ」「お母さん〇曜日はお仕事よ」「お仕事は〇〇をしてるのよ」なんていう

 

そんなに情報ツウを装いながら、誰と誰がコミュニケーションを取っているかを一生懸命見ても、実は信頼関係は目には見えない

 

何十年も合わなくても、連絡を一切取らなくても、突然の窮地に手を差し伸べてくれる様な信頼関係で、世の中の一部は動いている

 

朝から晩までストーカーの様に誰かを見張っていたとしても見えない何かまでも一生懸命知りたがるあの人種が結構うっとおしいかも

 

世の中は自分みたいな人しかいないと確信していて、自分から見て分からない人にストーカーの様にくっつく事は当然だと思っている人達

 

いやー、たまらない

 

一生懸命見たって、何にも見えないよ

 

一生懸命見たって、得られないよ

 

どんなに努力しても、表面的に整えても、信頼関係は得られない

 

信頼関係を築くのはそれ程大変ではない

 

でも、崩れるのは一瞬

 

しかも、自己愛性人格障害者は信頼関係が維持出来ない理由が自分にあるなんて絶対に分からない

 

そんな人達のあの意味のない家族総出の行動がうっとおしい!!

 

分かっていてもガチャガチャされて心が乱される自分も面倒くさい!なんて思う

 

野村監督って魅力ある人だなあ

野村監督が亡くなった

正直、野球はほとんど分からないけど、なんとなくこの人は好きだった

 

なんだろう?

頭が良さそうだった

スポーツを考える事は、今は当たり前だけど、昔は違った気がした

 

足が速ければ走れば良かったし、投げるのが上手くなりたければひたすら投げる練習をすればいい時代に「考えて上手くなる」「考えて強くなる」を説いた人なのかもしれない

 

だからこそ、そこで育った人達が今の野球界を背負っているのかもしれない

 

あの派手な奥さんがちょっぴり苦手だったけれど、夫があれだけ好きな野球界で活躍した事を考えると、いい奥さんだったのかもしれない

 

あの派手な奥さんがいてこその野村克也だったとしたら、野村沙知代という人があの人を作り上げたのかもしれない

 

もしそうなら、奥さんが亡くなったら野村克也野村克也では無くなってしまうのかもしれないし、長生きは出来ないのは仕方ないのかも

 

野村監督が亡くなって、野村克也さんを振り返える番組を見て、「カッコいいな」と思ったら、野村沙知代さんが苦手では無くなった

 

親子も夫婦もそうだけど、片方だけ好きで片方は苦手って事はあまり無い

 

ずっと近くにいる存在だから、考え方は影響する

 

友達もそうだけど、身近にいる人にいる人を見て、自分の中身が分かるのかもしれない

 

誰かを知りたいと思った時は、周りを見てその人を判断したいと改めて思う

 

周りもその人も魅力的な人は魅力的だし、イマイチな人は周りもイマイチなのかもしれないな

 

知れば知るほどカッコいい野村克也さんは、ちょっぴり知りたくなる存在かも

他人を操作して失敗を押し付けて

親子だと分かりやすい?

上司と部下でも良いかも


子供が忘れ物をしないようにと、学校の用意を全てしてあげる母親

鉛筆も削って、ノートも制服も全てを用意してあげる

もし子供の立場だったら、どう思うのかな

そんなおうちの子は用意は親にやってもらって当然の事だと思っているはず


現に忘れ物をしたらそういう子は「ママが入れてくれなかったから!」って言うはず

それは子供から見たら当然じゃない?

そこの家では用意するのはママのお仕事なのだから

でも、そこでお母さんは

「自分で用意しないあなたが悪いじゃない!」なーんて言わないかな?

「ごめんね」って言うのかな?


いつも用意するのは母親なら、忘れ物をしたら当然母親の責任

本当なら母親が痛い思いをしなきゃいけない事

でも、忘れ物をして困るのは子供

親に謝られても、嫌な思いは子供がする


痛い思いをするのが本人じゃない事には本当は他人が手を出すべきではないと私は思う


最後まで責任が取れる事ならしてあげてもいいとは思う

それを実行するのであれば、用意をしたら忘れ物をした時点で速攻親が持っていくとか…忘れ物をした子の親がダメな親ねって言われるとかね

責任は子供にあるのだから、実際はそんな事言う人はいない




だったら…やっちゃいけないのかも


上司と部下だってそう

部下が失敗しないようにぜーんぶ先回りして言ってあげる上司っている


失敗したらその責任って全て上司がかぶるのかな?

そんなわけ無い

もちろん、仕事がやりやすいようにしてあげる事は上司にとって大切な事かもしれないけれど、それと上司全部やるのとは違う


そうなったら、部下は上司の手が足りない時の雑用をこなすだけの人になってしまう

きっとロボットでも構わない上司にとってただのコマでしかない


部下や子供が人間なら上司の思い通りには動かないし、勝手にミスもする

その度に、自分の思い通りに動かない子供や部下にイライラして怒鳴って怒って脅して操作する

ミスを許さないロボットの代わりのコマ達だから、そんな事しちゃうのだ


自分で考えられるようにして、最終的に自分で全てをやって全てに責任を持つことが、子供や部下を育てるっていう事

子供や部下が失敗しないようにと手を出して、親や上司が考えてあげた失敗しないだろうレールの上をただ歩かせていれば、年が経ち成長して失敗しないで成長出来るなんて大間違い


なんとなく、外から見たら素敵な親だし出来る上司だし、親のレールを歩く良い子だし、言う事を聞くいい部下だけど、ずっとそのレールを引かなきゃ進めない子供と部下


「他人は自分の意志では動かない」


いくらレールを引いても勝手に失敗するし、一生懸命やってもらいたくても勝手にサボる


他人である子供や部下が自分の意志でレールを外れようとする事を阻止して、心を乗っ取り、親や上司の思うレールの上だけを歩けと操作して、出来なかったら怒り狂って知らんぷり


レールが無くても歩ける様になる事が成長

自分で考えて出来る事が自立


最後まで責任が取れない事はやってあげない方が良くない?


そんな親や上司は、子供や部下が出来なくても失敗しても、そこを自分の想像力の欠如だと反省することはなく、自分の引いたレールを間違っているとも認めず、子供や部下の事を「出来ない奴だとか言っちゃうんだろうな〜

ずるいなあ


そんな事だから、優秀なコマを持っているかどうかを他人と比べて自慢する

そんな事だから、優秀なコマであるかも他人と比べて優越感に浸る


自分のコマを作っても、心はきっと満たされない

良い子が育っても、その子が自立出来なきゃ親も子も幸せにはなれない

日本人の半分以上がコマになってしまった今、それでも自立した人達は、幸せに暮らしているのかもしれない



他人を操作してコマを育てて勝ち組になれたとしても、自分で責任さえ取れない、一生幸せにはなれない人達

自己愛性人格障害者ってそんな人達


あの人達の世界は、勝っても哀れなんて何だかあべこべな世の中かも

細かい事にこだわる人に対する苦手

何かそこだけにこだわる人って面白い

「この事を聞けば何でも知っている!」なんてオタクっぽい細かさなら大歓迎

 

それに対して、どこもかしこも細かい人はつまらない

 

おまけに、自分の細かさを相手に押し付ける人はもっと苦手かも

 

なんて、思ってたら「細かい」って何?

 

大きく分類したら、多分私だって細かい

でも、私の事を細かいと言う人は周りにはあまりいない

 

こんなに色々な事を考えて、色々と思っていることがあるけれど、周りから聞こえる声は細かいとは正反対の「大雑把」

 

更年期障害にもならなそうな安定した心の持ち主ってイメージみたい

 

なる時はなると思うけどね

 

細かい人と繊細な人も同じ字だけどニュアンスは違うのかも

 

「細かい人だな」って思う時って大抵その人が自分に対してその人の細かい言動を押し付けて来た時じゃない?

 

自分の細かさを常識と勘違いして、他人に自分スタンダードを押し付けてくる人を「細かい」と思う

 

それって、私の領域を侵食しようとする「攻撃」

 

結構警戒するかもな

 

「細かい人」と「完璧主義」が同じ意味なのかもしれない

 

完璧主義はいやよね

 

何でも出来る人に「完璧主義」は使わない

 

「完璧じゃないといけない!」って強迫観念がある人を「完璧主義」って言う

 

結局、それも押しつけがましい

 

だから、細かい人って苦手なんだ

 

ちなみに何でこんな事思ったかと言うと「領収書下さい」の理由

 

「請求を2度されては困るから」だって!

 

お金を払っているのはあなた

しかも現金主義でその場で支払う物なのに、相手が間違わないようにってなんだろう?

 

もしそんな理由だとしても、せめて「家計簿つけているので」位の理由にしてよね

 

「あなたの事を信用出来ないので!」って言われているみたいで、げんなりするなって…

 

人の間違いまで気をつけてあげなきゃいけない、とってもやる事の多い大変な人なんだなあと思います

 

「他人の事まで細かい人だな」って印象です

 

初めから人にイメージを持つ人が苦手かも

新しい人に合うときに、その人に対してイメージがあったり要望がある方って苦手かもしれません

 

とっても素敵な期待感でも、ちょっぴり苦手です

 

例えば、ピラティス教室に来る人は「痩せたい!」とか「動きたい!」とかあるかと思うのですが、具体的に「ここを痩せたいんです!」とか「これが出来るようになりたいんです」ってメールで書かれたり、初めに言われたりすると身構えます

 

 

ほとんど言っていることは同じでも「もう少しスリムになりたいので何かキッカケを作りたいんです」みたいな感じなら分かります

 

何でしょうね

 

前者は「私の要望に添う先生を探しています!」って感じです

 

何だかその人の期待に添わない先生だった時に否定されそうじゃないですか?

一撃で言った部分をピンポイントでやってくれないと「能力が無い」とか言われそうです

 

もちろん、一応その部分もご期待に添うように考えたメニューも作りますよ

 

でも、例えばそこを痩せることよりもっと姿勢が悪い事の方が気になる方だったとして「姿勢が良くなったら自然にその部分も痩せて来ると思いますよ」なんて言ったとしたら、その方は心の中で「姿勢なんてどうでもいいからそこだけを痩せに来たんだよ!」って思う方なんだと思います

 

相手に対しても自分に対しても結果だけを求めるのかもしれません

 

「合理主義!」と本人は思っているかも しれませんが、少なくとも私から見たらそこを痩せる事より姿勢を治す方が合理的だと思っているのに、その意見は聞かない方なのです

そこはそこで、諦めます

お金はその方が出すので、それ以上の意見をする事はありませんが、そこで念押しされたりしたら、私の意見を求めている訳では無いと判断して、個人に対するこちらの意見は控えます

 

そんな方は大抵一度きりしか来ません

 

「自分の言う事を聞けない先生なんて自分には合わない」と去っていくのかもしれません

 

点々と自分の言う事を聞いてくれそうな先生を探して、教室を探し続けるのかもしれません

 

もちろん、優しくてそんな方に合わせてくれる先生もいるかもしれませんが、その先生はその方の意見を聞き姿勢を無視して痩せる方に傾いた指導をしたのなら、その方の身体の事を本当に大切に思ってくれる先生ではなく、その方がお客さんとして自分に付いてくれれば良いと思っているだけの先生だという事なのです

 

それが本当に「優しい」と言えるのか?私には分かりません

 

なので、目先の結果を求める人には、目先の利益だけを求める人が合っていて、そういう人達は固まるし、そういう人達が得をしそうで結果的には損をしていると私は思うのです

 

先程言った優しい先生の教室はお客様に寄ってやる事や言う事が変わるので、芯の無いつまらない先生と感じる方も出てくるし、結果的に強いお客様に引っ張られたレッスンをしてしまうかもしれないです

 

まっ、うちの教室にそういう方がお客様として付かない理由は、そこにあったんだなあ〜なんて苦手な人を思いながら考えてみました

 

私はそっとお客様を選んでいるのもしれません

引っ越し屋さんの自己愛性人格障害者

引っ越しの前日の荷造り

 

朝、公園でタバコを吸いだめして我が家にやってきた引っ越し業者のちょっぴり若い女性がいました

 

タバコのニオイをプンプンさせて、それだけでも苦手な感じがしました

 

バイトのおばちゃんを従えて偉そうです

 

いちいち下からおばちゃんが質問しています

「これはこうした方がいいですよね」「これ、こうやって言われたのでやっておきます」そんな態度にちょっぴり違和感

 

作業開始

 

私はおばちゃんとの作業だったので、彼女とはあまり関わらなかったのですが、その女性は夫の支持を仰ぎながら黙々と作業

 

終わってみて思えば、それで正解でした

 

自己愛性人格障害者は、強い物には逆らいません

 

同じ女性で引っ越し業者ですから、引っ越しに関して彼女自身はプロだと思っていますから、私に対しての威圧感もちょっぴり感じました

 

でも、そんな事言ったら我が家ももう片手では足りない引っ越しの回数

 

しかも、引っ越しの作業の中で引っ越し業者が手伝うところは一部しか無いのです

 

そんな一部のところで、回数をこなして上から目線で見られても、なんだかなあと思うのです

 

そんな彼女ですが、午後から男性の応援がやってくると、さっきのブスッとした顔とは一転、笑顔が多くなりました

 

「ここは終わってます!」「ここはこうするように言われてます!」

 

あれれ、おばちゃんがやった事も言った事も全部自分の手柄にしてないかい?

 

この違和感の正体を、私は荷物を開いている時に気が付きました

 

どこに何があるのか全然わかりません

 

支持を全く出さないリーダーにそういえばあのおばちゃんはバタバタとしていました

 

そして、家具の中身を描いてある紙を「地図」と言うのですが、それがどこにも見当たらない

 

家具に仕切りがある場合、場所に番号をつけて番号ごとに箱に詰めてその番号を箱に書いて閉めます

 

それをしないと、どこに何があったのか全く分からないし、開けても元の位置に戻せません

 

棚の中に合った物と、そのへんの細々したものが混雑した箱だらけで、しかも箱に中身が書いていない

 

どこに何が合ったか全く分からず、箱を開けてみてもなお中身が分からない

 

梱包をお手伝いしてもらった意味もないし、プロとは言えないずさんな作業

 

なのにあのお手柄総取りの態度…

 

やっぱり、女性でヘビースモーカーは自己愛性人格障害者が多いのかもって私の仮説に沿ってしまった今回

 

あの人のせいでバイトのおばちゃんも仕事が出来るようにはなりません

 

迷惑なバイトと周りにも言われ、そう言ってあのおばちゃんの出来なさを周囲に良いながら自分が仕事が出来るアピールをして行くのかもしれないです

 

出来れば関わりたくない自己愛性人格障害

 

仕事をしても中途半端な感じでした…