心と身体とピラティスと運動

倉敷・早島でピラティス教室と親子コーディネーショントレーニングしているインストラクターの頭の中を整理するブログ

発達障害で時間が守れない?

f:id:pilatesno-1:20210521232046j:plain

私も待ち合わせ時間にはぎりぎりな方だけど、大人になっても約束を守れない人っている

 

理由はそれぞれだと思うんだけど、社会に出て時間を守らないと相手はどう思うかというと「その人と会うことを大切だと思っていない」「やる気がない」「信用が置けない」こんなとこかな?

 

まあ印象は良くない

 

確かに、やる気がなくて遅れる人もいるんだけど、実はやる気があるけど時間を守れない人もいる

 

やる気があるけど時間が守れない人は、ADHDとかADDとかの発達障害の可能性がある

 

特性を持っているから、許してあげてほしいなんて思っていない

 

やる気がないととられることも仕方のない事だけど、遅刻したこととやる気の問題は一致しないかもしれない事は頭に入れておくのも悪くないかも

 

私なりに、近くにいる人や本人はどうしたらいいかな~って考えてみました

 

まずは発達障害の特性による遅刻としてこんな感じがあるかもって例を挙げようと思う

 

発達障害の過集中によるもの

 

発達障害の中で過集中とか注意力散漫とか多動なんかが強く出ると、準備中何かを取りに行ってそこにあったものに集中してしまう

 

時間を経つのも忘れてしまうくらい集中してしまうので、気がついたら家を出る時間を過ぎていた!なんてことが起こる

 

歩いている途中で、気になるものを見つけたらそれが気になってそこで過集中が起こって遅刻するとかもある

 

発達障害の気になると進めない

 

前日に用意を終わらせていたとしても、ぎりぎりでカバンの中身が心配になって、調べずにはいられない

 

気になると、やらずに出る事が出来ないので気になってもう一度カバンから全ての準備物を出して調べてしまう

 

出る時間ぎりぎりなのに調べてしまうので、そのまま電車に乗り遅れてしまう

 

火止めたかな?とか、玄関のカギ閉めたかな?なんていうのも、頻度が多いならちょっと怪しい

   

発達障害のこだわり

 

どんなに急いでいてもルーティーンを崩せない

 

近道があっても、どうしてもこの道を通りたい

どんなに遅刻しても、このルートしか行けない

原因って何だろう?

どれも、優先順位が目の前の物になってしまうこと

絶対に何時に!ってところに優先順位をつけられない事が原因なのかも

 

解決方法はどうする?

解決方法をどうしよう?って考えてみた

絶対に何時!をひたすら1位に置く練習をするしかないのかも

 

例えば、子供たちは夏ならラジオ体操とかいいかも!

6:30までに行かないと、すぐ終わっちゃう

 

スタンプを集めるとかは子供でも大人でもなんとなく楽しいしいいモチベーションになる

髪がぐちゃぐちゃでも、ご飯を食べていなくてもとりあえず行かなきゃいけない

 

学校の遅刻はゆっくり行ってもみんなはいるけど、ラジオ体操は終わったら誰もいなくなる

 

誰も困らないし、時間の経過の練習するにはもってこいかも

 

大人だったら、時間を最優先に考えるルーティーンを作る事

手に今日の守らなきゃいけない時間を書いておくとか…

こだわりが強い部分を利用して、時間が守れるルーティーン作りを日々目指す事

準備は前日に必ずやるとか、持ち物は3回確認したらOKの付箋を貼って出かけるまで見ないとかかな

 

結論

心が病んでいたり、発達障がいだったり、やる気がなかったり遅刻といっても中身は色々

頭に来るときもあるけど、相手の遅刻を相手の意気込みと考えて自分のテンションに合わないことにイライラしてしまう前に、その人にとっても困り事かもしれない可能性を考えるのも悪くないかも

 

なーんて、遅刻されたらイラッとしちゃうけど…

 

 

遅刻といっても中身は色々