心と身体とピラティスと運動

倉敷でピラティス教室と親子コーディネーショントレーニングしているインストラクターの頭の中を整理するブログ

忖度が多い人

忖度が多い人っています?
強い物には巻かれろ的な人です

それはそれでいいのかもしれないけど、度が過ぎると面倒臭い

「これ、どうしたらいいんですかね?」
「こうしたらどう」
「え、でも〜って言ってる人もいるでしょ」
「私だったらこうするから」
「そうか、前にこんな事も聞いたしこうしたらダメかなと思って…」

って、会話を永遠とする人がいる

これって、意見を聞いた相手を信用してないって事
だったら聞かなきゃいいと思う
失礼な人だなって思う
結局、誰かから強い人に話をしてもらいたいのかもしれない
自分が決断することが怖いのかもしれない
自分の意見は言わず、皆にいい顔をして、何かを決めてもらって生きていきたいのかもしれない
そんな人が世の中上手に渡って行くのかもしれない

ずっと強い物に巻かれてる人生
浮き沈みも少なく妥当な生活
変な人につかなければもしかしたら幸せなのかもしれない

あの人は苦手と言いつつも、その人と笑顔で話し仲良くする
皆にいい顔をするために気を使い、ストレスをためていく

子供はどうやって育つのかな?

一人っ子だったら意見をしっかり言えるようになるのかな?

全く惹かれない人生にちょっぴり興味を持ってみた

でも、キラって光らないな
輝く人には意志が感じられるから、きっと輝けない
存在感もない

きれいでも、幸せそうでも、憧れない
面倒な人だけど、嫌いではない

だから、誰からもライバル視されることなく、静かに生きていくのかもしれない